市場ニュース

2021/9/3米国雇用統計&ISM非製造業景況指数の概要とSNS反応まとめ

現在、米国市場においてテーパリングの開始時期が大きな注目の的となっています。

2021年8月28日に行われたジャクソンホール会議時点では、年内にテーパリングが開始されるということが確実視されていました。

しかし、8月の米国雇用統計を見ると予想と大きくかけ離れた結果が明らかとなったのです。

果たして、今後米国市場はどうなってしまうのでしょうか?

今回は、そんな2021年9月3日(金)に発表された8月の米国雇用統計&ISM非製造業景況指数の概要とSNSの反応について見ていこうと思います。

 

8月の米国雇用統計&ISM非製造業景況指数の概要

米国雇用統計の概要

米国雇用統計とは、米国労働省(U.S. Department of Labor Bureau of Labor Statistics)が就業している人の数や失業している人の数を調査し、アメリカの雇用の情勢を統計したものです。

毎月第一金曜日に発表されアメリカの経済指標の中でも最も重要なものの一つとして注目されています。

雇用統計について、詳しくは別記事にて解説していますので、合わせて勉強してみてください。

発表される指標の中でも特に重要な「非農業部門雇用者数」と「失業率」を直近3ヶ月の予想と結果とともに見ていきましょう。

 

【非農業部門雇用者数】

データ期間 予想 結果 前回改定値
2021年08月 73.3万人 23.5万人 105.3万人
2021年07月 87.0万人 94.3万人 93.8万人
2021年06月 72.0万人 85.0万人 58.3万人

 

【失業率】

データ期間 予想 結果 前回改定値
2021年08月 5.2% 5.2% ---
2021年07月 5.7% 5.4% ---
2021年06月 5.6% 5.9% ---

 

ISM非製造業景況指数の概要

Institute for Supply Management(全米供給管理協会)通称ISMが300社以上の仕入れ担当者を対象にアンケート調査を実施し、そのアンケート結果を指数化したものが「ISM非製造業景況指数」です。

「ISMサービス業景気指数」と呼ばれることもあり、サービス業の景気状態を図る重要な指数となっています。

米国市場はサービス業が3分の2以上を占めると言われており、ISM非製造業景況指数もアメリカの経済指標の中でも最も重要なものの一つとして注目されています。

ISM非製造景況指数について、詳しくは別記事にて解説していますので、合わせて勉強してみてください。

こちらも、直近3ヶ月の予想と結果とともに見ていきましょう。

 

【ISM非製造業景況指数】

データ期間 予想 結果 前回改定値
2021年08月 61.6 61.7 ---
2021年07月 60.5 64.1 ---
2021年06月 63.5 60.1 ---

 

米国雇用統計は予想を大幅に下回った

ISM非製造業景況指数は予想が61.6に対し結果が61.7と概ね一致しました。

問題なのは米国雇用統計です。

非農業部門雇用者数は前回比23万5000人増という結果になりました。

予想が75万人でしたのでこの結果は大きく予想を下回ることになったのです。

6月が93万8000人増、7月が105万人増と順調に増加していただけに、ここでの失速は労働市場回復にとって大きな痛手と言えるでしょう。

失業率は前回5.4%から2ポイント下がり5.2%でした。

予想も5.2%でしたので期待通りという一見期待通りのように見えます。

しかし、FRBは今年中に失業率が4.5%までの低下を期待しており、その基準からすると依然としてまだ高いと言えるでしょう。

 

テーパリングは先送りになるのか?

年内の開始が有力視されていたテーパリングですが、米国雇用統計の発表を受けその期待感は大きく低下しています。

8月27日に行われたジャクソンホール時には、「早ければ9月のFOMCにテーパリング開始が発表されるのでは?」と言われていました。

しかし、今回の発表により年内のテーパリング開始は厳しいという見方が強まっています

デルタ株によるコロナ感染の影響や、半導体不足による製造業関連の伸び悩みも懸念材料です。

2021年10月発表の雇用統計次第で事態が大きく動くと予想されます

 

今はいかに損をしないかが重要

今はどちらに転ぶかわからないといった相場状況です。

確かに年内のテーパリング開始は難しいという意見が多数派であると言えるでしょう。

ただし、失業率は予想通りであり、個人消費支出物価指数は順調に回復しています。

また、ジャクソンホール会議にてFRB議長であるパウエル氏はアメリカの経済回復が予想通りならテーパリング開始に踏み切るということを明言しています

年内テーパリング開始の可能性が0というわけではなく、どちらに転んだとしても大きな損をしない立ち回りが重要と言えるでしょう。

SNSの反応

ドル円に関する反応

8月米国雇用統計の結果が予想とは大きく違うものとなって影響で、ドル円に関しても予想がしづらい相場となっています。

やはり、SNS上でも予想が難しいといった声が多く見られます

今は相場判断に自信がない場合にはあまり積極的に動かないのが賢明でしょう。

 

米国株に対する反応

米国株に関しても同様に、相場判断が難しいという声を多く見かけます。

年内のテーパリング開始が無理なのではないかという意見も多く見られ、相場が落ち着くまで様子見をする人もいるようです。

 

大きく動く日経平均

雇用統計が発表される直前の東京時間の昼頃に菅総理理大臣が次期自民党総裁選への不出馬を発表。

次期政権への期待感からか、日経平均は前日比584円高の大幅上昇で取引を終えることになりました。

欧州時間に入ると日経平均先物はさらに上昇し29400円台へ。

雇用統計の発表直後は一時的に売りが入ったものの、再度高値を取り先物の終値は29580円で引けることとなりました。

8月下旬のトヨタショックから考えると25000円以上の大幅上昇をしたことになります。

そのため大きなボラティリティに対応することができずに、8000万以上の損失を出してしまう先物トレーダーもいました。

損切りを先延ばしにする『プロスペクト理論』を理解せずに感情のままトレードをしてしまうと、自分にの許容量を大きく超える損失を抱えてしまうという非常に典型的なケースといえるでしょう。

こちらもCHECK

早売り・塩漬け・やれやれ売り|FXトレードが勉強すべき「プロスペクト理論」

トレードをしていてこんな経験はありませんか。 損は大きくなるのに、利益は小さい。 もっと具体的にいえば、含み損なかなか切れないし、利益が伸ばせずすぐに利確してし ...

続きを見る

まとめ

9/3(金)に発表された8月の米国雇用統計&ISM非製造業景況指数の概要とSNSの反応について見ていきました。

予想が外れることがあるということは重々承知ですが、あれほどまで結果と差があるのは驚きでしたね。

今は相場が非常に読みづらい環境です。

このような時には、いかに大きな損をしない立ち回りをするかが重要と言えるでしょう。

リスク管理をしっかりと行い、引き続き米国市場の動きに注目していきましょう。

 

こちらもCHECK

no image
FXのファンダメンタルズ分析【雇用統計とは】過去に大きく値動きした事例つき

FX取引で利益を継続的に上げるには正しくファンダメンタルズ分析をすることが必要不可欠です。 ファンダメンタルズ分析をする上で必ず確認しておかなくてはならない経済 ...

続きを見る

こちらもCHECK

FXのファンダメンタルズ分析【ISM非製造業景況指数】経済指標の概要編

FXのファンダメンタルズ分析をする上で分析が必須となるアメリカの重要経済指標。 その中の一つとしてISM非製造業景況指数があげられます。 ISM非製造業景況指数 ...

続きを見る

no image

市場ニュース

2021年9月30日 第2四半期米国GDPの概要とSNSの反応

2021年第2四半期米国GDPの確定値が発表されました。 一見するとそこまで悪い数値には見えませんが、実は今後大きく市場が変動する可能性も否定できません。 今回 ...

市場ニュース

2021/9/23のFOMCの概要とSNSの反応まとめ

今、市場全体で大きな注目を集めているテーパリング開始時期。 前回のFOMCやジャクソンホール会議では年内に開始されることは確実視されていました。 しかし、202 ...

市場ニュース

2021/9/3米国雇用統計&ISM非製造業景況指数の概要とSNS反応まとめ

現在、米国市場においてテーパリングの開始時期が大きな注目の的となっています。 2021年8月28日に行われたジャクソンホール会議時点では、年内にテーパリングが開 ...

市場ニュース

2021/8/28ジャクソンホール会議の概要とSNSの反応まとめ

毎年この時期になると、アメリカワイオミング州ににあるジャクソンホールに各国の金融政策を担う要人たちが集まり政策議論をかわします。 2021年はコロナ禍ということ ...

市場ニュース

2021/8/18のFOMCの概要とSNSの反応まとめ

FX取引を行っていく中で、ファンダメンタルズ分析を正しく行っていく必要があります。 そんなファンダメンタルズ分析において、見ておかなくてはならない重要な情報の一 ...

おすすめ記事一覧

1

チャート株式とFXは、これからトレーダーで資産形成していきたいという個人投資家の中でも最もポピュラーな方法ですが、両者には明確な違いが存在します。 それぞれの商 ...

2

株の取引き経験はあるけど、違う商品ははじめて。 株もやったことないけど資産運用に興味があるのでFXをはじめよう。 数あるFX業者、結局どこの会社が一番いいの!? ...

3

酒田五法とは罫線分析の基本としても知られている日本古来の分析方法でも最も古しても知られています。 江戸時代の相場師「本間宗久」によって酒田五法の原型がつくられた ...

4

海外FXブローカーのXMで口座開設のやり方について、図解を交えながら解説します。 初めてXM口座を開設する方向けです。 このブログでわかること XMの口座開設の ...

5

トレーダーにも人気のあるオシレーター系インジケーターのひとつ「ボリンジャーバンド」。 インジケーターを使うときは、中身を理解した上で使用することが重要です。 ま ...

6

将来の貯金が不安でFXを始めたい、そんな想いを抱いている人は多いはずです。 投資・投機をするには軍資金が必要だけど、現状の金銭面に余裕がない私にはFXすら始めら ...

7

FXトレーダーにも人気の高い「MACD」。 MACDの概念を知らずに使用するのは危険です。 本記事では、MACDの基礎を勉強していきましょう。 Contents ...

8

投資・投機をするための商品はたくさんあります。 FXもその一つですが、怪しい・怖いというマイナスイメージが多いのも事実です。 ではFXとはどのような商品なのか、 ...

-市場ニュース

© 2021 FX勉強ドットコム Powered by AFFINGER5