市場ニュース

2021年9月30日 第2四半期米国GDPの概要とSNSの反応

2021年第2四半期米国GDPの確定値が発表されました。

一見するとそこまで悪い数値には見えませんが、実は今後大きく市場が変動する可能性も否定できません。

今回はそんな2021年第2四半期米国GDP概要とSNSの反応についてまとめます。

2021年第2四半期米国GDPの概要

【2021年第2四半期GDP速報値】

  • 2021年第2四半期米国国内総生産(GDP)前期比年率6.5%増加
  • 個人消費前期比11.8%増加
  • コアPCE価格指数、前年比率6.1%上昇
  • 住宅投資11.7%減少

【2021年第2四半期GDP確定値】

  • 2021年第2四半期米国国内総生産(GDP)前期比年率6.7%増加に上方修正
  • 個人消費前期比12.0%増加に上方修正
  • 住宅投資11.5%減少に修正

 

2021年第2四半期は、第1四半期の前期比年率6.3%増加に沿うような形で増加しました。

経済対策やコロナウイルスワクチンの普及などがうまくいったことにより4期連続のプラス成長となりました。

しかし、マーケット予想はもう少し高く、8%を超えるのではないかという期待もあった中その数値に届くことはありませんでした

原因としては生産のボトルネック、サプライチェーンがかなり壊れてしまい元の状態に戻せない状況に陥っていることが挙げらます。

 

需要は高まりを見せている

個人消費は12.0%増加(速報値11.9%)と順調に増加しています。

この個人消費の高さは需要が非常に強いという点を反映しており、今回の増加率は非常に高い数値と言えるでしょう。

一方、先述した通りサプライチェーンの混乱により高まりつつある需要に生産が追いついていません。

生産がなかなか進まないというところで2021年第2四半期GDPの伸びがいまひとつであったと言えるでしょう。

 

インフレは一時的なものなのか⁈

もう一つ注目しておきたい指数はコアPCE価格指数です。

コアPCE価格指数はインフレ指数として非常に重要な役割を担っています。

FRBも非常に注目している指数であり、今回のコアPCE価格指数は前年比率6.1%上昇という結果でした。

この数字は1983年以来の約38年ぶりの高い数字です。

去年のコアPCE価格指数が下がったということを加味してもやはりこの数字は高いと言わざるを得ません。

注目ポイントはこのインフレが本当に一時的なもので終わってしまうのかということです。

個人消費の強さや生産のボトルネックも合わせて考えていくと、価格上昇というものが本当に一時的なもので収まるかどうかは現状では判断が非常に難しいものとなっています。

このままでは米国経済は危ない⁈

2021年第2四半期GDP速報値が出た段階では第3四半期は「8%増加ほどまでは加速するのでは?」との予想もありましたが、今では雲行きが怪しいと言わざるを得ません。

問題として挙げられるのが以下の項目です。

  • 新型コロナウイルスのデルタ変異株の拡散
  • 原材料の供給不足

予想よりも新型コロナウイルスによるパンデミックが長引いてしまったことにより、期待していたよりも経済の回復は進んでいません。

また、サプライチェーン問題の解決目処がたっていないことも懸念材料と言えるでしょう。

新型コロナウイルス問題・サプライチェーン問題の解消がどこまで進むかによっては今後の経済は大きく加速もしくは停滞すると予想できます。

 

2021年第2四半期米国GDPに対するSNSの反応

次に、2021年第2四半期米国GDPに対するSNSの反応を見ていきましょう。

 

やはり米国のGDPの発表は相場にかなり影響をもたらすため、マーケット参加者はかなり警戒感を持って発表を待っていたようです。

ドル円に関する反応

警戒感を持って発表がされた第2四半期GDPですが、やはり相場も反応が顕著に見られました。

特にドル円は112.00円から111.94円付近まで下落したということもあって、対策をきちんと取らなかったトレーダーにとっては難しい局面となったと言えるでしょう。

 

今後の経済指標に注目

今後の米国GDPに関してはTwitter上でもさまざまな意見が飛び交っています。

意見の内容は選別で、今は予想が非常に難しい相場と言えます。

今後の米国の重要経済指標の結果によっては相場が大きく変動する可能性も否めません。

まとめ

今回は2021年第2四半期米国GDPの概要とSNSの反応について見ていきました。

今回の記事のまとめは以下の通りです。

  • 2021年第2四半期米国国内総生産(GDP)前期比年率6.5%増加
  • 増加傾向にあるが予想していたよりは数字はよくない
  • 需要の高まりは見えつつある
  • サプライチェーンの改善や新型コロナウイルス問題の解消が今後の注目ポイント

現在、米国市場は予想が難しい状況にあります。

今後発表される経済指標も目が離せませんね。

おすすめ記事一覧

1

チャート株式とFXは、これからトレーダーで資産形成していきたいという個人投資家の中でも最もポピュラーな方法ですが、両者には明確な違いが存在します。 それぞれの商 ...

2

株の取引き経験はあるけど、違う商品ははじめて。 株もやったことないけど資産運用に興味があるのでFXをはじめよう。 数あるFX業者、結局どこの会社が一番いいの!? ...

3

酒田五法とは罫線分析の基本としても知られている日本古来の分析方法でも最も古しても知られています。 江戸時代の相場師「本間宗久」によって酒田五法の原型がつくられた ...

4

海外FXブローカーのXMで口座開設のやり方について、図解を交えながら解説します。 初めてXM口座を開設する方向けです。 このブログでわかること XMの口座開設の ...

5

トレーダーにも人気のあるオシレーター系インジケーターのひとつ「ボリンジャーバンド」。 インジケーターを使うときは、中身を理解した上で使用することが重要です。 ま ...

6

将来の貯金が不安でFXを始めたい、そんな想いを抱いている人は多いはずです。 投資・投機をするには軍資金が必要だけど、現状の金銭面に余裕がない私にはFXすら始めら ...

7

FXトレーダーにも人気の高い「MACD」。 MACDの概念を知らずに使用するのは危険です。 本記事では、MACDの基礎を勉強していきましょう。 Contents ...

8

投資・投機をするための商品はたくさんあります。 FXもその一つですが、怪しい・怖いというマイナスイメージが多いのも事実です。 ではFXとはどのような商品なのか、 ...

-市場ニュース

© 2021 FX勉強ドットコム Powered by AFFINGER5