MACD

【FXテクニカルを極める】MACDの勝率を上げる最強の組み合わせ|RCI併用手法

今回は、MACDとRCIを併用した手法を解説します。

MACDは、オシレーター系のインジケーターですが、トレンド系の特徴も持っているインジケーターです。

RCIは、オシレーター系のインジケーターです。

この2つは、特徴が違うインジケーターなので、それぞれの特徴を生かしながらトレードに活用し、トレードの精度を上げることが可能です。

この2つを併用することで、チャートの値動きが分かりやすくなります。

 

MACD・RCIを単体で使うときのメリットとデメリット

MACDは、トレンド転換でとても有効なツールですが、レンジ相場ではダマシが多くなるデメリットをもっています。

また、MACDのダイバージェンスは、トレードする際の有効なサインになりますが、ダイバージェンスが出現することはあまりありません。

MACDのメリットデメリットを詳しく復習したい方向けに参考ページを紹介します。

合わせてご覧ください。

MACDの基礎を復習

【FXテクニカルを極める】MACDとは

FXトレーダーにも人気の高い「MACD」。 MACDの概念を知らずに使用するのは危険です。 本記事では、MACDの基礎を勉強していきましょう。 Contents ...

続きを見る

MACDのトレ転サイン

【FXテクニカルを極める】MACDの応用編~トレ転のサイン~

MACDはFXトレーダーにも人気の高いオシレーターです。 MACDのゴールデンクロス・デッドクロス以外のトレ転サインの解説です。 コンバージェンス・ダイバージェ ...

続きを見る

MACDの応用

【MACDを極める】2つのMACDを同時表示した応用手法|FXの事例つき

MACDの活用法の1つを紹介します。 分析ツールによっては、この方法が使えない場合もあるMACDの裏ワザ的な応用編です。 MACDの基礎を勉強したい方はこちらを ...

続きを見る

 

RCIは、時間と価格に注目したインジケーターです。

高値圏は、+80%以上(買われすぎ)、安値圏は、-80%以下(売られすぎ)です。

RCIで、大まかなトレンドの流れや相場の強弱がわかります。

強いトレンドでは、天井や底に張り付きますが、ボックス圏では、とても有効なツールです。

RCIは、初期の段階でMT4に搭載されていません。

トレーダーがダウンロードして、設定する必要があります。

 

インジケーターを単体でトレードした失敗例

(1) MACDだけでエントリーした失敗例

MACDのサインだけでエントリーしたものの、ダマシだった例として、2021年8月27日のポンド/円(GBP/JPY)の4時間足チャートを紹介します。

 

MACDのデッドクロスのサインが出たので、売りでエントリーすると仮定します。

しかし、このポイントからは価格が下がらず、上昇トレンドが続きました。

このポイントは、チャートで見ると押し目買いのチャンスになっており、トレ転のサインではなかったことがわかります。

 

(2) RCIだけでエントリーした失敗例

RCIのサインだけでエントリーしたものの、ダマシだった例として、2021年9月7日のポンド/円(GBP/JPY)の4時間足チャートを紹介します。

 

少し価格が下がった局面でしたが、短期RCI(9)は、上昇しており、中期RCI(26)は、下降しています。

RCIだけを見ていると迷ってしまうかもしれません。併せてMACDも確認した方が良いでしょう。

画像:GBP/JPY 2021年9月7日20:00 4時間足 エントリー

RCIとMACDだけでなく、必ずチャートのトレンドラインやダウ理論(レジサポ転換、ダブルトップ、ダブルボトムなど)を考慮して、チャートを見てトレードするのが基本です。

インジケーターだけに頼ることがないようにしましょう。

 

MACDとRCIを併用するメリットとデメリット

MACDやRCIの単体での使用は、ダマシが多くなり、トレードで勝つことが難しくなります。

MACDとRCIを併用することでダマシを減らすことができるでしょう。

また、この2つのインジケーターを使用する場合、長い時間(4時間足・日足など)の使用をおすすめします。

チャート主体にして、トレードすることが前提になります。

チャートとインジケーターを利用して、トレードの精度を上げて行きましょう。

 

MACDとRCIを併用手法の設定

(1)MACDの設定

この2つのインジケーターを併用する場合、多くのトレーダーが使用している下記の設定がお勧めです。

短期のEMA→12
長期のEMA→26
シグナルライン→9

(2)RCIの設定

RCIは、1本で使うより3本で使うことをお勧めします。

多くのトレーダーも3本を使うことが多いようです。中期のRCI(26)は、トレンドを示しており、長期のRCI(52)は、長い時間足のトレンドです。

ダマシを避けるためには、長期の時間足チャートを使用することをおすすめです。

短期→9
中期→26
長期→52

MACDとRCIを併用手法の売買シグナル

(1)買いの場合

エントリーの手順

  1. 短期のRCI(9)が上昇して高値圏に近づいた後、MACDがゴールデンクロスになっていることを確認しまします。
  2. 中期のRCI(26)も上昇していることを確認します。
  3. チャートでダウ理論を確認します。(レジサポ転換、Wトップ、Wボトムなど)

 

エグジットの手順

  1. MACDのデッドクロスを確認した後、中期のRCI(26)が高値圏から下降したことを確認します。
  2. 同時にチャートも確認します。(レジサポ転換など)

 

(2)売りの場合

エントリーの手順

  1. 短期のRCI(9)が下降して安値圏に近づいた後、MACDがデッドクロスになっていることを確認します。
  2. 中期のRC(26)も下降していることを確認します。
  3. チャートでダウ理論を確認します。(レジサポ転換、Wトップ、Wボトムなど)

 

エグジットの手順

  1. MACDのゴールデンクロスを確認した後、中期のRCI(26)が安値圏から上昇したことを確認します。
  2. 同時にチャートをみて確認します。(レジサポ転換など)

 

MACDとRCI併用手法の実例

(1)買いの場合の例

ポンド円(GBP/JPY)の4時間足チャートを例に紹介します。(2021年4月27日)

チャートをご覧ください。

【チャートの現在値の前提】

黄色の水平線は149.600ポイントです。

サポートラインとして機能&152.000ポイントの高値を付けるも149.600ポイントに向かって下降してきている場面なので、エントリーポイントを探りたいタイミングです。

実例解説|買いポジションのエントリーポイント

①最初に短期のRCI(9)が上昇して反応しています。

②次に中期RCI(26)の上昇とMACDのゴールデンクロスが確認できます。

③149.600ポイントがサポートラインとして機能したことも確認できます。

①~③から買いポジションのエントリーポイントと判断することができるでしょう。

続いて、この場合のエグジットポジションも確認していきましょう。

実例解説|買いポジションのエグジットポイント

エグジットについてです。

①MACDのデッドクロスを確認した後、中期のRCI(26)が、高値圏からの下降しました。

②チャートでもレジサポ転換があるので、買いポジションを決済します。

 

(2)売りの場合

ポンド円(GBP/JPY)の4時間足チャートを例に紹介します。(2021年8月13日)

チャートをご覧ください。

【前提】

ピンクの水平線は、直近のレジサポラインとして機能しているところで、エントリーポイントを探りたいタイミングです。

実例解説|売りポジションのエントリーポイント

①最初に短期のRCI(9)が下降して反応しています。

②次に、中期のRCI(26)の下降とMACDのデッドクロスが確認できます。

③チャートでもピンクラインがレジスタンスラインとして機能しています。

ここでエントリーすれば、利益を上げることが可能です。

実例解説|売りポジションのエグジットポイント

①MACDのゴールデンクロスを確認できます。

②中期のRCI(26)が、安値圏から上昇しています。

③150.000ポイントという値の節目付近でレジサポ転換しています。

売りのポジションを決済します。

 

まとめ|MACDとRCIを併用して検証してみよう

  1. MACD、RCIの単体使用はダマシも多い。
  2. MACDとRCIを併用することで、エントリーポイントをより絞り込むことができる。
  3. MACD、RCIの併用分析は長期時間足の向いている。

インジケーターは、検証しながら自分に合う設定を見つけていくことが大事です。

ぜひ、チャートをみながらトレードの練習をしてみましょう。

おすすめ記事一覧

株とFXの違い 1

チャート株式とFXは、これからトレーダーで資産形成していきたいという個人投資家の中でも最もポピュラーな方法ですが、両者には明確な違いが存在します。 それぞれの商 ...

2

「海外FX業者はたくさんあるけれど、何が違うの?」 「海外FX業者を使ってみたいけれど、どうやって決めればいいの?」 という疑問を持ってはいませんか? 海外FX ...

3

株の取引き経験はあるけど、違う商品ははじめて。 株もやったことないけど資産運用に興味があるのでFXをはじめよう。 数あるFX業者、結局どこの会社が一番いいの!? ...

4

酒田五法とは罫線分析の基本としても知られている日本古来の分析方法でも最も古しても知られています。 江戸時代の相場師「本間宗久」によって酒田五法の原型がつくられた ...

5

海外FXブローカーのXMで口座開設のやり方について、図解を交えながら解説します。 初めてXM口座を開設する方向けです。 このブログでわかること XMの口座開設の ...

6

トレーダーにも人気のあるオシレーター系インジケーターのひとつ「ボリンジャーバンド」。 インジケーターを使うときは、中身を理解した上で使用することが重要です。 ま ...

7

将来の貯金が不安でFXを始めたい、そんな想いを抱いている人は多いはずです。 投資・投機をするには軍資金が必要だけど、現状の金銭面に余裕がない私にはFXすら始めら ...

8

FXトレーダーにも人気の高い「MACD」。 MACDの概念を知らずに使用するのは危険です。 本記事では、MACDの基礎を勉強していきましょう。 Contents ...

9

投資・投機をするための商品はたくさんあります。 FXもその一つですが、怪しい・怖いというマイナスイメージが多いのも事実です。 ではFXとはどのような商品なのか、 ...

-MACD

© 2022 FX勉強ドットコム Powered by AFFINGER5