その他のテクニカル指標

FXのテクニカルを勉強するなら「MACD」応用編~トレ転のサイン~

MACDはFXトレーダーにも人気の高いオシレーターです。

MACDのゴールデンクロス・デッドクロス以外のトレ転サインの解説です。

コンバージェンス・ダイバージェンスと呼ばれるこのサインは、FXトレーダーなら必ず知っておきたいサインです。

MACDの
コンバージェンス・ダイバージェンス

コンバージェンス・ダイバージェンスとは、価格チャートの動きとMACDの動きが「逆行」している動きのことです。

逆行とはつまり、価格チャートが上昇しているのに、MACDは下降している(上昇していない)

もしくは、各チャートが下降しているのにMACDは上昇している(下降していない)

ような動きのことです。

 

  • コンバージェンス
    チャートは下降・MACDは上昇
    下降トレンドが弱まっている
  • ダイバージェンス
    チャートは上昇・MACDは下降
    上昇トレンドが弱まっている

 

コンバージェンス・ダイバージェンス
何のサイン??

コンバージェンス・ダイバージェンスは、トレンドが弱まったサインです。

今まで継続していたトレンドが転換する可能性も高くなってきていることを示します。

トレンドの動きに注目するタイミングです。

重要なのは、トレンド転換の直接的なサインではないという点です。

ダウ理論やローソク足のサインなどからもトレンド転換なのかどうかの見極めが必要です。

コンバージェンス・ダイバージェンス=トレンド転換のサイン!と暗記するとダマされ痛い目を見るため要注意。

 

コンバージェンスの基本条件・見つけ方

  1. 価格チャートの安値同士を直線で結ぶと、右肩下がりになっている
    (価格チャートが下降傾向で高値が切り下がっている)
  2. MACD線の安値同士を直線で結ぶと、右肩上がりになっている
    (MACD線の安値が切りあがっている)

 

コンバージェンス:過去のチャート集

コンバージェンス⇨トレンド転換したケース①

ユーロ/米ドルの日足です。

(2012年6月頃)

 

コンバージェンス⇨トレンド転換したケース②

ポンド/米ドルの日足です。

(2008年11月頃)

 

コンバージェンス だましのケース①

ユーロ/米ドルの日足です。

(2015年1月頃)

コンバージェンス出現後上昇相場へのトレンド転換ではなくレンジ相場になっています。

 

ダイバージェンスの基本条件・見つけ方

  1. 価格チャートの高値同士を直線で結ぶと、右肩上がりになっている
    (価格チャートが下降傾向で高値が切り下がっている)
  2. MACD線の高値同士を直線で結ぶと、右肩下がりになっている
    (MACD線の高値が切り下がっている)

 

ダイバージェンス:過去のチャート集

ダイバージェス⇨トレンド転換したケース①

ユーロ/米ドルの日足です。

(2009年6月頃)

 

ダイバージェンス だましのケース①

ユーロ/円の日足です。

(2020年6月頃)

ダイバージェンス出現後、トレンド転換せず上昇相場が継続になったケースです。

 

MACD逆行現象まとめ

  1. コンバージェンス
    チャートは下降・MACDは上昇
    下降トレンドが弱まっている
  2. ダイバージェンス
    チャートは上昇・MACDは下降
    上昇トレンドが弱まっている
  3. コンバージェンスとダイバージェンスは、トレンド転換の直接的なサインではないためダマシのケースもあり。
  4. コンバージェンスとダイバージェンスが出現したら、その他の概念・指標を合わせて要チェック。
    (ダウ理論やローソク足の変化など)

こちらもCHECK

FXのテクニカルを勉強するなら『ダウ理論』6つの基本理念

ダウ理論はテクニカル分析を行うにあたり必ず理解しなければいけない基本的な考え方です。 多くのテクニカル解説書でもまず真っ先に触れられるのがこの「ダウ理論」でしょ ...

続きを見る

こちらもCHECK

FXのテクニカルを勉強するなら『酒田五法』三山・三川・三空・三兵・三法

酒田五法とは罫線分析の基本としても知られている日本古来の分析方法でも最も古しても知られています。 江戸時代の相場師「本間宗久」によって酒田五法の原型がつくられた ...

続きを見る

テクニカル分析

エリオット波動を見つけたラルフ・ネルソン・エリオット

エリオット波動とは、株や為替の波形が、5波の推進波と3波の修正波を一括りとするサイクルで成り立っていると考えるテクニカル分析の一つです。 ラルフ・ネルソン・エリ ...

その他のテクニカル指標

FXのテクニカルを勉強するなら『フィボナッチ』~黄金比をトレードに活かす~

Contents1 フィボナッチ数列とは2 フィボナッチ比率3 様々な分野で見られるフィボナッチ比率4 フィボナッチ比率を利用したテクニカル分析の種類5 フィボ ...

その他のテクニカル指標

FXの勉強するなら『エリオット波動』~第1波の探し方~

ここでは、テクニカル分析の中でも、エリオット波動理論について解説します。 この記事を読めば、エリオット波動理論の概要を理解することができるでしょう。 Conte ...

移動平均線

FXのテクニカルを勉強するなら『GMMA』

皆さんは株や為替、FXをしたことがあるでしょうか。 株やFX、為替では、様々なトレード方法があります。 テクニカル分析やファンダメンタル分析がその一例です。 し ...

その他のテクニカル指標

FXのテクニカルを勉強するなら「ボリンジャーバンド」基本編

トレーダーにも人気のあるオシレーター系インジケーターのひとつ「ボリンジャーバンド」。 インジケーターを使うときは、中身を理解した上で使用することが重要です。 ま ...

おすすめ記事一覧

1

チャート株式とFXは、これからトレーダーで資産形成していきたいという個人投資家の中でも最もポピュラーな方法ですが、両者には明確な違いが存在します。 それぞれの商 ...

2

株の取引き経験はあるけど、違う商品ははじめて。 株もやったことないけど資産運用に興味があるのでFXをはじめよう。 数あるFX業者、結局どこの会社が一番いいの!? ...

3

酒田五法とは罫線分析の基本としても知られている日本古来の分析方法でも最も古しても知られています。 江戸時代の相場師「本間宗久」によって酒田五法の原型がつくられた ...

4

海外FXブローカーのXMで口座開設のやり方について、図解を交えながら解説します。 初めてXM口座を開設する方向けです。 このブログでわかること XMの口座開設の ...

5

トレーダーにも人気のあるオシレーター系インジケーターのひとつ「ボリンジャーバンド」。 インジケーターを使うときは、中身を理解した上で使用することが重要です。 ま ...

6

将来の貯金が不安でFXを始めたい、そんな想いを抱いている人は多いはずです。 投資・投機をするには軍資金が必要だけど、現状の金銭面に余裕がない私にはFXすら始めら ...

7

FXトレーダーにも人気の高い「MACD」。 MACDの概念を知らずに使用するのは危険です。 本記事では、MACDの基礎を勉強していきましょう。 Contents ...

8

投資・投機をするための商品はたくさんあります。 FXもその一つですが、怪しい・怖いというマイナスイメージが多いのも事実です。 ではFXとはどのような商品なのか、 ...

-その他のテクニカル指標

© 2021 FX勉強ドットコム Powered by AFFINGER5