株とFX

FXと株の違い【トレーダーになるならどっち?】

チャート株式とFXは、これからトレーダーで資産形成していきたいという個人投資家の中でも最もポピュラーな方法ですが、両者には明確な違いが存在します。

それぞれの商品の違いについて理解し、自分の強みにあった投資・投機商品で取引しましょう。

市場の特性|取引時間

株の取引時間

日本株は基本的に、東京証券取引所が開いている平日9:00~11:30、12:30~15:00での取引が可能です。

土日祝日、年末年始の12月31日~概ね1月3日までは休場となるので銀行や市役所の営業日と同じイメージとなります。

日本と同じようにアメリカの株式市場は独立記念日などの祝日は休場です。

 

為替の取引時間

一方で、為替市場は日本時間の月曜日早朝5:00~土曜の早朝4:59まで平日は24時間レートは動き続けます。

さらに日本やアメリカのカレンダーが祝日でも、為替レートは動いているのでトレードする際には注意が必要です。

為替市場は世界中と繋がっていますが、時間帯によって値動きをけん引する市場が異なります。

日本(東京) 7:00~17:00

アメリカ(ニューヨーク) 21:00~5:00(日本時間)

イギリス(ロンドン) 16:00~2:00(日本時間)

ニュージーランド(ウェリントン)  5:00~14:00(日本時間)

というように、様々な国と地域の市場が繋ぎ合わさっています。

大きな値動きはありませんが、オーストラリアなどの南半球の市場はニューヨーク時間の終わる日本時間の5:00から開場となりますので24時間、為替市場は動くこととなります。

 

株式は取引時間が短くトレードの負担が少ないように思えますが、日本株を保有する場合、日本時間夜間のアメリカ市場が急落すると否応がなしに暴落に巻き込まれてしまうことがリスクとなります。

保有するポジションに逆指値注文をしておいても、東証の寄りつき時にギャップダウンスタートしてしまうと損失を抱える可能性もあります。

しかし、FXの場合は平日の間は為替市場が閉じることがないので、突然の暴落でも逆指値は基本的に執行されるというメリットがあります。

短期トレードで資産運用していきたい、仕事をしながら専業トレーダーを目指していきたいという方には日本時間の夕方から深夜にかけて市場が開いているFXのほうが向いていると言えます。

参考FX初心者がこれだけは勉強しておきたいFX基礎知識

投資・投機をするための商品はたくさんあります。 FXもその一つですが、怪しい・怖いというマイナスイメージが多いのも事実です。 ではFXとはどのような商品なのか、 ...

続きを見る

株とFXの特性|価格変動率

株は基本的に価格そのもの大きく変動します。

上昇トレンドを経て2倍、3倍になったり、時にはテンバガーいわゆる10倍銘柄が生まれることがあります。

しかし逆に一度の決算や悪材料で株価が半分以下になることもあります。

典型例が、2000年の9435光通信の20連続ストップ安(株価78,800円⇒21,800円)、近いところだと2019年の4592サンバイオの4連続ストップ安(株価11,710円⇒2,440円)というようなたった一つ悪材料で大暴落というものがあります。

一方で2000年代においては9983ファーストリテイリング10,000円台⇒100,000円台、9984ソフトバンクグループは600円台⇒10,000円台へ大幅に上昇したケースもあります。

最悪の場合、上場廃止、ポジションした株の価値がゼロ円になることもありえます。

実際のチャート参考例として、4592サンバイオの日足と、9984ソフトバンクグループの月足をご覧ください。

 

過去の株価暴落例|4592サンバイオ 日足

 

過去の大相場例|9984ソフトバンクグループ 月足

 

FXの価格推移は、ドル円でも2000年以降は1ドルあたり100円前後で推移しています。

比較的値動きが激しいと言われるユーロ円でも1ユーロ100円~170円です。

株とFXの大きな違いは取引する対象の価格そのものが大きく変動ところにあると言えるでしょう。

ドル円とユーロ円の2000年から2021年ごろの実際のチャートをご覧ください。

 

ドル円 月足 2000年~2021年の月足

2000年~2021年のドル円の価格推移は、大きく円高となった場合でも70円台、円安に振れても120円台の約50円幅です。

 

ユーロ円 月足 2020年~2021年

2000年~2021年のユーロ円の価格推移です。

100~170円の70円幅の間で推移していることがわかります。

 

そのため長期の時間軸で投資を行うには株式投資、日本の夜の時間に副業から短期トレードを行いたい場合は為替市場のFXが向いていることとなります。

この株と為替の値動きの違いは、そもそも株式は企業、株主、国など関わる人々全員が企業の成長とその価値の向上を望んでいます。

値下がりを望んでいるのは空売りをするトレーダーです。

また、しかし為替は、例えばドル円ならば、アメリカのドルと日本の円のバランスを示しています。

どちらかが高すぎたり、安すぎたりしてはアメリカ、日本両国にとって不利益になるため、両通貨のバランスが求められます。

そのため株のような大きく値上がりしたり、上場廃止でゼロ円になることはありません。

 

株とFXの銘柄数

株の銘柄数

日本株の場合、東証一部や新興市場を含めると4000銘柄ほどが投資対象となります。

 

FXのペア数

ドルやユーロなどの先進国、新興国のメキシコや南アフリカなどを含めても20ペアほどが投資対象です。

株はたくさんの選択肢の中から銘柄を選ぶ技術、FXは決まった投資対象の値動きの特徴を見抜く技術が必要とされます。

 

株と為替の値動きの違い

株は好決算や大規模な業務提携、バイオベンチャーの治験の失敗や経営者の不祥事で企業の本質的な価値が大きく動いてしまう場合があります。

そのため、株式投資では企業の成長性や割安性を見抜く、ファンダメンタルズ分析が基本となります。

FXは大きく本質的な価値が変動することなく各国の通貨ペアのバランスが絶えず揺らいでいるので、チャートから値動きの方向性を読み解くテクニカル分析が基本となります。

決算短信や財務諸表、四季報を読み込むほうが得意か、チャートを観察しながら値動きの特徴を考察するほうが得意なのか、両方にチャレンジして自分がワクワクする、継続できそうなのはどちらか考えてみましょう。

 

FXはギャンブル?株はギャンブルではなく投資?

FXはギャンブルと株式はギャンブルではなく投資といわれることがあります。

FXは国内取引業者だとレバレッジを25倍かけて取引する人が多く、為替市場が大きく動いた際にはそのまま借金になってしまう個人トレーダーが続出しているからです。

レバレッジとは口座に入金している金額よりも大きな金額でトレードのできる仕組みです。

例えば100万円口座に入金した人が25倍のレバレッジを効かせた取引をすると、2,500万円のポジションを持つことになります。

一方で株式投資は国内の証券会社では基本的に約3倍がレバレッジの上限となります。

100万円入金して取引している人でも最大で300万円ほどのポジションを持つことが可能となります。

2,500万円のポジションと300万円のポジションではツキとスッポンほどの違いがり、FXのほうが極端にリスクが大きくみえるでしょう。

しか先ほどお話したように、株は株価そのものが大きく変動しその価値が短期間で2倍になったり、半分になったりします。

変動率で言えば1日で10%~20%以上、上下することがあります。

FXは、例えばドル円ならば110円が109円に動くとそれなりに大ゴトです。

変動率で言えば1%程度です。

300万円の株式のポジションが10%増減したら、±30万円

2,500万円のFXのポジションが1%増減したら、±25万円

となります。

上限25倍のレバレッジのFXと上限3倍のレバレッジの株式ではそれほどリスクは変わりありません。

レバレッジをかける取引においては株価そのものが大きく変わる株式はハイリスクハイリターン、為替レートそのものはそれほど大きく変動しないFXはローリスクローリターンという見方もできます。

あくまでもレバレッジは株もFXも上限が3倍や25倍なだけで、ポジション量を落とすことによって、自分にとって適切なレバレッジを選択することが非常に重要となります。

詳しくはこちらFXのハイレバレッジはメリット?FX基礎知識UPで脱・高リスクトレード

海外FXの特徴でみかける『ハイ(高)レバレッジ』。 最大レバレッジ888倍というものも見かけます。 レバレッジとは、自分の資金を担保にお金を借りて資金を引き上げ ...

続きを見る

自分は株とFXならどっち?自分のスタイルに合った勉強法

株に向いている人の特徴

  • 余剰資金を継続的に長期投資に回せる
  • 平日の昼間に取引のできる
  • 倒産の可能性が限りなく低く成長の期待ができる企業を探すファンダメンタルズ分析が得意

 

FXに向いている人の特徴

  • 1日5000円から稼ぎたいなどの副業から短期トレードを目指す
  • 日中はお仕事で夜に自分の時間がある
  • チャートをみて値動きの法則を考えるのが苦にならない

おすすめ記事一覧

1

チャート株式とFXは、これからトレーダーで資産形成していきたいという個人投資家の中でも最もポピュラーな方法ですが、両者には明確な違いが存在します。 それぞれの商 ...

2

株の取引き経験はあるけど、違う商品ははじめて。 株もやったことないけど資産運用に興味があるのでFXをはじめよう。 数あるFX業者、結局どこの会社が一番いいの!? ...

3

酒田五法とは罫線分析の基本としても知られている日本古来の分析方法でも最も古しても知られています。 江戸時代の相場師「本間宗久」によって酒田五法の原型がつくられた ...

4

海外FXブローカーのXMで口座開設のやり方について、図解を交えながら解説します。 初めてXM口座を開設する方向けです。 このブログでわかること XMの口座開設の ...

5

トレーダーにも人気のあるオシレーター系インジケーターのひとつ「ボリンジャーバンド」。 インジケーターを使うときは、中身を理解した上で使用することが重要です。 ま ...

6

将来の貯金が不安でFXを始めたい、そんな想いを抱いている人は多いはずです。 投資・投機をするには軍資金が必要だけど、現状の金銭面に余裕がない私にはFXすら始めら ...

7

FXトレーダーにも人気の高い「MACD」。 MACDの概念を知らずに使用するのは危険です。 本記事では、MACDの基礎を勉強していきましょう。 Contents ...

8

投資・投機をするための商品はたくさんあります。 FXもその一つですが、怪しい・怖いというマイナスイメージが多いのも事実です。 ではFXとはどのような商品なのか、 ...

-株とFX

© 2021 FX勉強ドットコム Powered by AFFINGER5