市場ニュース

2021/8/28ジャクソンホール会議の概要とSNSの反応まとめ

毎年この時期になると、アメリカワイオミング州ににあるジャクソンホールに各国の金融政策を担う要人たちが集まり政策議論をかわします。

2021年はコロナ禍ということもありリモートで会議が行われました。

もともとは金融当局者たちのサロンのような集まりでしたが、2010年当時のFRB議長バーナンキ氏が量的金融緩和の開始を示唆するなど重要な発言も行われるようになりました。

そのためジャクソンホール会議での発言は年々注目度が上がっています。

今回1番の目玉となったのはFRB議長ジェローム・パウエル氏の発言です。

今までになく踏み込んだ発言もあり、相場は大きく影響を受けています。

今回は、そんな8/28に行われたジャクソンホール会議の概要とSNSの反応について見ていこうと思います。

2021年8月27日のジャクソンホール会議の概要

前回のFOMC議事要旨によると「ほとんどの参加者」が年内のテーパリング開始が妥当だという意見であることが明らかになりました。

この「ほとんどの参加者」にパウエル議長が含まれているかどうかは定かではありませんでした。

しかし、ジャクソンホール会議ので「経済が予想どおり進展した場合、年内に資産購入ペースの縮小を始めるのが適当というのが私の考えだ」と述べ、年内のテーパリング開始を示唆したのです。

 

テーパリングのための物価指数の条件は整っている

テーパリングを開始するためには物価安定と雇用最大化が条件とされています。

そのうち物価の安定をはかる物価指数の条件は整っているとパウエル議長は公言しました。

実際、アメリカの7月の個人消費支出物価指数(前年比)のうちコア指数(食品とエネルギーを除く)が3.6%上がっています。

いまいちピンとこない方もいるか思いますが、これは約30年ぶりの高い伸び率であり、テーパリング開始には妥当な数値と言えるでしょう。

 

雇用者数も十分な数値となっている

パウエル議長は雇用面においても「ここ数ヶ月労働市場の見通しはかなり明るくなった」と発言しました。

実際、非農業部門雇用者数(前月比)を見てみると、6月は938,000人UP、7月は943,000人UPとなっています。

物価指数、雇用者数ともにテーパリング開始には申し分ない数値ですが懸念点がいくつか存在します。

 

失業率が高い

まず一つ目は失業率が高いということです。

パウエル議長も会議の中で失業率の高さについての言及がありました。

アメリカの失業率は7月の段階で5.5%となっています。

今後失業率がどのように改善されていくかによって金融政策は大きく左右されるでしょう。

 

デルタ株による経済への影響

2つ目はデルタ株による経済への影響です。

ワクチン普及によってコロナ禍が収束するかに見えましたが、ここにきてデルタ株による感染が広がっています。

デルタ株による経済への影響は予想が困難だということもあり対応は慎重に成らざるを得ません。

失業率高さとデルタ株による先行きの不透明さがあるため利上げの条件を完全に満たしているとは言えないのです。

 

あと3回ある年内のFOMCに注目

おそらく年内にテーパリングが開始されるとされていますが、

「本当に開始されるのか?」

「いつ開始されるのか?」

は発表されていません。

おそらく、年内に3回あるFOMCのどこかで発表されると見込まれています。

9月の雇用統計次第では、次のFOMCでの発表もありうるため、今後の動きに目が離せません。

 

SNSの反応

ドル円に関する反応

ジャクソンホール会議後は大きな値動きを見せたドル円相場ですが、現在は均衡状態が続いています。

現在は様子見の安定相場が続いているようです。

 

米国株に対する反応

S&P500、ダウ指数、ナスダックは数ヶ月単位でみると大幅に伸びてきています。

ジャクソンホール会議後の動きに注目が集まっていましたが、雇用統計や物価指数に関する見解がよかったこともあり、ダウ指数の反発もありますが再び順調に伸びてきています。

ただし、8月のパフォーマンスがよかったこともあり、9月の動きに警戒しているトレーダーもいるようです。

 

8/28ジャクソンホール会議 まとめ

今回は、2021年の8/28に行われたジャクソンホール会議の概要とSNSの反応について見ていきました。

テーパリング開始に向けて条件は整いつつあるものの、今回のジャクソンホール会議では年内の開始を明言することはありませんでした。

概ね計画通り進んでいることもあり、相場も大きな変動は起きなかったと言えるでしょう。

また、9月にはFOMCがあるので、そこでどのような発表があるかは見逃せませんね。

 

 

 

おすすめ記事一覧

1

チャート株式とFXは、これからトレーダーで資産形成していきたいという個人投資家の中でも最もポピュラーな方法ですが、両者には明確な違いが存在します。 それぞれの商 ...

2

株の取引き経験はあるけど、違う商品ははじめて。 株もやったことないけど資産運用に興味があるのでFXをはじめよう。 数あるFX業者、結局どこの会社が一番いいの!? ...

3

酒田五法とは罫線分析の基本としても知られている日本古来の分析方法でも最も古しても知られています。 江戸時代の相場師「本間宗久」によって酒田五法の原型がつくられた ...

4

海外FXブローカーのXMで口座開設のやり方について、図解を交えながら解説します。 初めてXM口座を開設する方向けです。 このブログでわかること XMの口座開設の ...

5

トレーダーにも人気のあるオシレーター系インジケーターのひとつ「ボリンジャーバンド」。 インジケーターを使うときは、中身を理解した上で使用することが重要です。 ま ...

6

将来の貯金が不安でFXを始めたい、そんな想いを抱いている人は多いはずです。 投資・投機をするには軍資金が必要だけど、現状の金銭面に余裕がない私にはFXすら始めら ...

7

FXトレーダーにも人気の高い「MACD」。 MACDの概念を知らずに使用するのは危険です。 本記事では、MACDの基礎を勉強していきましょう。 Contents ...

8

投資・投機をするための商品はたくさんあります。 FXもその一つですが、怪しい・怖いというマイナスイメージが多いのも事実です。 ではFXとはどのような商品なのか、 ...

-市場ニュース

© 2021 FX勉強ドットコム Powered by AFFINGER5