市場ニュース

2021/9/23のFOMCの概要とSNSの反応まとめ

今、市場全体で大きな注目を集めているテーパリング開始時期。

前回のFOMCやジャクソンホール会議では年内に開始されることは確実視されていました。

しかし、2021年9月に発表された雇用統計の結果が予想をかなり下回ったことにより年内開始は厳しいという見方が増えてきました。

そんな中2021年9月23日に行われたFOMCですが、ここでもパウエル議長から重大な発表があったのです。

今回は、2021年9月23日に行われたFOMCの概要とSNSの反応について見ていこうと思います。

こちらもCHECK

2021/8/18のFOMCの概要とSNSの反応まとめ

FX取引を行っていく中で、ファンダメンタルズ分析を正しく行っていく必要があります。 そんなファンダメンタルズ分析において、見ておかなくてはならない重要な情報の一 ...

続きを見る

こちらもCHECK

2021/8/28ジャクソンホール会議の概要とSNSの反応まとめ

毎年この時期になると、アメリカワイオミング州ににあるジャクソンホールに各国の金融政策を担う要人たちが集まり政策議論をかわします。 2021年はコロナ禍ということ ...

続きを見る

 

テーパリング開始を示唆

FRB議長パウエル氏は今回のFOMCで「経済が完全に回復するまで、しっかり金融政策が経済を支える」ということを強調しています。

コロナも感染がまだ高止まりをしていて8月は雇用が大きく鈍化していました。

しかし、経済は慎重に確実に回復に向かっており、テーパリングは次のFOMCで正式に開始を発表する可能性があるということを示唆しました。

ただし、まだ正式発表ではありません。

次のFOMCまでは10月8日に発表される9月の雇用統計の結果が残っています。

この雇用統計の結果も悪いものとなった場合はテーパリング開始見送りが考えられます。

また、コロナ問題残っています。

このままコロナの感染が止まらず死者の数が増え続けるようでしたらテーパリング開始時期をずらすということも十分考えられます。

 

テーパリング終了は2022年中頃

雇用統計の結果やコロナなど悪材料がなければ11月におそらくテーパリングが開始されます。

まだ未決定ではあるものの、テーパリングが予定通り11月に開始され順調に経済が回復すればテーパリング終了は2022年中頃が適切だということもパウエル議長は発言しています。

テーパリングに関して市場がかなり敏感になっていることもありパウエル議長はかなり言葉を選んで発言している様子が伺えます。

今後もテーパリングというワードは市場の注目をかなり集めることになるでしょう。

 

テーパリングと利上げは別軸

パウエル議長は利上げに対しても需要な発言をしました

今回のFOMCで資産購入のタイミングは、利上げタイミングのシグナルではないということを表明しています。

これは、利上げに対しては慎重だという気持ちの現れと捉えれるでしょう。

仮に11月にテーパリング開始が表明されたとしても債券の買い入れは来年も行われます。

量的緩和縮小は始まりますが、債券の買い入れが続くことを考えればまだ金融相場は続くという見方もできます。

 

2022年以降のインフレは2.1%~2.2%と小幅の上振れ

次はインフレの見通しです。

2022年以降のインフレは2.1%~2.2%と小幅の上振れ予想となっています。

ここからも今の物価上昇は部品不足や雇用の回復の遅れによる賃金の上昇が引き起こした一過性のものであるというこれまでの見解を維持していると見て取れるでしょう。

 

債務上限の早期引き上げ必要

米議会民主党指導部は20日、数日中に連邦政府の運営資金を確保し、連邦債務の上限適用を2022年の中間選挙以降まで凍結する法案の可決を目指すと表明しました。

しかし、共和党は債務上限引き上げに反対しています。

FRBとしては判断を早くして欲しいということもあり今回のFOMCでこの問題についても言及されています。

パウエル議長は債務上限を引き下げなければ金融市場に深刻なダメージとなると発言し、債務上限の早期引き上げの必要性についても強調しました。

 

恒大集団は中国固有のものに思える

2021年9月23日現在、世間を賑わしている中国の不動産開発大手、中国恒大集団の債務問題。

パウエル議長はこのことにも言及しました。

パウエル議長はこの問題は中国特有のものだとし、米国企業への直接的な影響は限定的の見解を示しています。

 

SNSの反応

ドル円に対する反応

FOMC後のドル円相場ですが、あまり上昇しませんでした。

ただし、今後大きく上昇する可能性もあります。

 

米国株に対する反応

FOMCの結果を受け、銀行株の買いが膨らみ、S&P銀行株は2.1%高。S&P金融株も1.6%上昇しました。

FOMC前までは「テーパリングがもしかしたら開始が発表されるかもしれない」という恐怖があったのですが、実際には開始が発表されませんでした。

その安堵感から株式は全体的に値段をあげています。

 

まとめ

今回は、2021年9月23日に行われたFOMCの概要とSNSの反応について見ていきました。

10月に発表される雇用統計の結果がよければ11月のFOMCでテーパリング開始が表明されることは間違いないでしょう。

今後も米国経済指標は目が離せませんね。

本サイトでは、FOMCを含め、さまざまな経済指標についての解説記事も掲載しています。

興味のある方はぜひ今後のFX取引の参考にしてみてくださいね。

こちらもCHECK

2021/8/18のFOMCの概要とSNSの反応まとめ

FX取引を行っていく中で、ファンダメンタルズ分析を正しく行っていく必要があります。 そんなファンダメンタルズ分析において、見ておかなくてはならない重要な情報の一 ...

続きを見る

こちらもCHECK

2021/8/28ジャクソンホール会議の概要とSNSの反応まとめ

毎年この時期になると、アメリカワイオミング州ににあるジャクソンホールに各国の金融政策を担う要人たちが集まり政策議論をかわします。 2021年はコロナ禍ということ ...

続きを見る

こちらもCHECK

2021/9/3米国雇用統計&ISM非製造業景況指数の概要とSNS反応まとめ

現在、米国市場においてテーパリングの開始時期が大きな注目の的となっています。 2021年8月28日に行われたジャクソンホール会議時点では、年内にテーパリングが開 ...

続きを見る

ファンダメンタルズ分析

ISM製造業景況指数とISM非製造業景況指数の違い

全米供給管理協会(ISM=Institute for Supply Management)が調査を行って発表している経済指標には「ISM製造業景況指数」と「IS ...

ファンダメンタルズ分析

FXのファンダメンタルズ分析【ISM非製造業景況指数】経済指標の概要編

FXトレーダーにとってアメリカの重要経済指標を読み解く力は必須スキルです。 そんな重要指標の中にISM製造業景況指数があります。 ISM製造業景況指数はアメリカ ...

ファンダメンタルズ分析

FXのファンダメンタルズ分析【ISM非製造業景況指数】経済指標の概要編

FXのファンダメンタルズ分析をする上で分析が必須となるアメリカの重要経済指標。 その中の一つとしてISM非製造業景況指数があげられます。 ISM非製造業景況指数 ...

no image

ファンダメンタルズ分析

FXのファンダメンタルズ分析【雇用統計とは】過去に大きく値動きした事例つき

FX取引で利益を継続的に上げるには正しくファンダメンタルズ分析をすることが必要不可欠です。 ファンダメンタルズ分析をする上で必ず確認しておかなくてはならない経済 ...

 

おすすめ記事一覧

1

チャート株式とFXは、これからトレーダーで資産形成していきたいという個人投資家の中でも最もポピュラーな方法ですが、両者には明確な違いが存在します。 それぞれの商 ...

2

株の取引き経験はあるけど、違う商品ははじめて。 株もやったことないけど資産運用に興味があるのでFXをはじめよう。 数あるFX業者、結局どこの会社が一番いいの!? ...

3

酒田五法とは罫線分析の基本としても知られている日本古来の分析方法でも最も古しても知られています。 江戸時代の相場師「本間宗久」によって酒田五法の原型がつくられた ...

4

海外FXブローカーのXMで口座開設のやり方について、図解を交えながら解説します。 初めてXM口座を開設する方向けです。 このブログでわかること XMの口座開設の ...

5

トレーダーにも人気のあるオシレーター系インジケーターのひとつ「ボリンジャーバンド」。 インジケーターを使うときは、中身を理解した上で使用することが重要です。 ま ...

6

将来の貯金が不安でFXを始めたい、そんな想いを抱いている人は多いはずです。 投資・投機をするには軍資金が必要だけど、現状の金銭面に余裕がない私にはFXすら始めら ...

7

FXトレーダーにも人気の高い「MACD」。 MACDの概念を知らずに使用するのは危険です。 本記事では、MACDの基礎を勉強していきましょう。 Contents ...

8

投資・投機をするための商品はたくさんあります。 FXもその一つですが、怪しい・怖いというマイナスイメージが多いのも事実です。 ではFXとはどのような商品なのか、 ...

-市場ニュース

© 2021 FX勉強ドットコム Powered by AFFINGER5