ファンダメンタルズ分析

FXのファンダメンタルズ分析【ISM非製造業景況指数】経済指標の概要編

FXのファンダメンタルズ分析をする上で分析が必須となるアメリカの重要経済指標。

その中の一つとしてISM非製造業景況指数があげられます。

ISM非製造業景況指数はアメリカの景気の先行きを見通す重要な手がかりとなります。

この機会にぜひISM非製造業景況指数について勉強していきましょう。

ISM非製造業景況指数とは

【ISM非製造業景況指数の基本情報】

発表元:全米供給管理協会(ISM=Institute for Supply Management)

発表のタイミング:毎月第3営業日
夏時間では日本時間 00:00
冬時間では日本時間 23:00に発表される

調査対象:アメリカ全土の300社以上の購買(仕入れ)担当者を対象にアンケート調査を実施

 

ISMとはInstitute for Supply Managemenの頭文字をとった名称です。

日本語では「全米供給管理協会」と訳されます。

そんなISMが発表する指数の1つがISM非製造業景況指数です。

ISMが製造業以外の企業を対象に、アメリカ全土の300社以上の購買(仕入れ)担当者へアンケート調査を実施してデータ収集が行われています。

アメリカの非製造業部門はサービス業がほとんどを占めるということもあり「ISMサービス業景気指数」とも呼ばれています

アンケート方法はシンプルで、1か月前と比較し、「良くなっている」「同じ」「悪くなっている」の3つの選択肢から回答する三者択一方式です。

発表のタイミングは毎月第3営業日で、夏時間では日本時間 00:00、冬時間では日本時間 23:00に発表されます。

 

ISM非製造業景況指数の項目

ISM非製造業景況指数ではアンケートに含まれている項目が開示されています。

また、項目ごとの詳細も発表されており、項目ごとに分けてみることでより正確な分析が可能です。

ISM非製造業景況指数に含まれている項目は以下の通りです。

  • 新規受注
  • 事業活動
  • 雇用
  • 在庫
  • 入荷遅延
  • 在庫景況感
  • 支払価格
  • 受注残
  • 新規輸出受注
  • 輸入

以上の10項目のうちその内の、事業活動、新規受注、雇用、入荷遅延の4項目を平均して総合指数が計算されます

 

ISM非製造業景況指数でわかること

ISM非製造業景況指数の基本的な見方から解説していきます。

ISM非製造業景況指数の基本的な見方

ISM非製造業景況指数の見方はそれほど難しくはありません。

ISM非製造業景況指数は、三者択一方式で集められたデータを数値化し、0から100までの数値で表して発表されます。

発表された数値から主に以下のように非製造業の景気を測ることができます。

  • 50よりも小さい:景気悪化
  • 50ぐらい:現状維持
  • 50よりも大きい:景気良好

つまり、50を基準として見ればいいとうことです。

50よりも小さければ景気は悪化しており、逆に大きければ景気がよくなっていると読み取れます。

 

ISM非製造業景況指数は景気の先行きを示唆する

ISM非製造業景況指数はその名の通り企業の「景況感」を表しています。

数値が高ければ高いほどこれから景気拡大が速いペースで行われ、逆に低いほど景気がどんどん衰退していくという先行きを見通せます。

FRB(米連邦準備理事会)もISM非製造業景況指数参考にしています。

FRB(米連邦準備理事会)は米国の金融政策を決める機関であり、ISM非製造業景況指数次第では利上げもしくは利下げに踏み切るといったこともありえます。

もちろん、ISM非製造業景況指数だけで米国の金融政策が決まるわけではありません。

しかし、ISM非製造業景況指数など重要な経済指標と連動してFRB(米連邦準備理事会)の動向に注目することでよりFX取引が有利に進められるのです。

 

ISM非製造業景況指数からの影響が大きい通貨

【ISM非製造業景況指数からの影響が大きい通貨】

  • 米ドル
  • ユーロ
  • ポンド

 

基本的には流通している通貨量の多いものがISM非製造業景況指数に大きな影響を与えます。

米ドルは言うまでもありませんが、ISM非製造業景況指数が発表される前後は、ユーロやポンド、円などといった流通量の多い通貨に注意しておかなくではなりません

もし、相場状況が読めないという場合には、ISM非製造業景況指数発表時にはこれらの通貨の取引を一時中断するほうが賢明でしょう。

 

まとめ

  • ISM非製造業景況指数の発表元は全米供給管理協会(ISM=Institute for Supply Management)である。
  • ISM非製造業景況指数はアメリカの非製造業部門に関する調査で、別名をISMサービス業景気指数ともいう。
  • ISM非製造業景況指数の総合指数には、アンケート項目のうち、事業活動、新規受注、雇用、入荷遅延の4項目が利用される。
  • ISM非製造業景況指数は景況感を知る為の指数で、50よりも小さければ景気は悪化、大きければ景気が良好という評価をする
  • ISM非製造業景況指数の発表の影響を大きく受ける通貨は、米ドル、ユーロ、ポンド、円といった世界の流通量の多い通貨である。

 

本サイトでは、毎月行われるISM非製造業景況指数の発表を含め、さまざまな経済指標についての解説記事も掲載しています。

 

おすすめ記事一覧

1

チャート株式とFXは、これからトレーダーで資産形成していきたいという個人投資家の中でも最もポピュラーな方法ですが、両者には明確な違いが存在します。 それぞれの商 ...

2

株の取引き経験はあるけど、違う商品ははじめて。 株もやったことないけど資産運用に興味があるのでFXをはじめよう。 数あるFX業者、結局どこの会社が一番いいの!? ...

3

酒田五法とは罫線分析の基本としても知られている日本古来の分析方法でも最も古しても知られています。 江戸時代の相場師「本間宗久」によって酒田五法の原型がつくられた ...

4

海外FXブローカーのXMで口座開設のやり方について、図解を交えながら解説します。 初めてXM口座を開設する方向けです。 このブログでわかること XMの口座開設の ...

5

トレーダーにも人気のあるオシレーター系インジケーターのひとつ「ボリンジャーバンド」。 インジケーターを使うときは、中身を理解した上で使用することが重要です。 ま ...

6

将来の貯金が不安でFXを始めたい、そんな想いを抱いている人は多いはずです。 投資・投機をするには軍資金が必要だけど、現状の金銭面に余裕がない私にはFXすら始めら ...

7

FXトレーダーにも人気の高い「MACD」。 MACDの概念を知らずに使用するのは危険です。 本記事では、MACDの基礎を勉強していきましょう。 Contents ...

8

投資・投機をするための商品はたくさんあります。 FXもその一つですが、怪しい・怖いというマイナスイメージが多いのも事実です。 ではFXとはどのような商品なのか、 ...

-ファンダメンタルズ分析

© 2021 FX勉強ドットコム Powered by AFFINGER5