FXの基礎知識UP

ハイレバレッジはハイリスク?ローリスク?FXの基礎知識

海外FXの特徴でみかける『ハイ(高)レバレッジ』。

最大レバレッジ888倍というものも見かけます。

レバレッジとは、自分の資金を担保にお金を借りて資金を引き上げトレードをするということです。

ハイバレッジは、理解とタイミングを間違えて活用するとリスクですが、正しく理解をするとプラスの特徴と捉えることができます。

ハイレバレッジについて、勉強していきましょう。

レバレッジ1倍のトレードシュミレーション

たとえば、証拠金10万円でレバレッジをかけずに運用するとしましょう。

レバレッジ1倍の場合は、10万円分の通貨しか買えません。

 

レバレッジ10倍のトレードシュミレーション

同じ10万円分の運用でも、10倍のレバレッジをかけるとしましょう。

すると、レバレッジ1倍の時は、10万円分の取引をするためには10万円が必要だったのに対して、

レバレッジ10倍の場合は、1万円を使うと10万円通貨ペア分の運用が可能です。

つまり、9万円は余剰証拠金にすることができます。

 

ハイレバレッジ888倍のトレードシュミレーション

当サイトでは口座開設に海外FX業者のXMTradingをおすすめしています。

XMTradingにおいて、レバレッジ888倍レバレッジをかけると、10万円の証拠金は、888倍である8880万円分の外貨を取引できることになります。

言い方をかえましょう。

約112.6円をつ使うと10万円通貨ペア分の運用ができることになります。

つまり、99887.4円は余剰証拠金にすることができます。

こちらもCHECK

FXを始めるなら海外FXのXMTradingがおすすめ

株の取引き経験はあるけど、違う商品ははじめて。 株もやったことないけど資産運用に興味があるのでFXをはじめよう。 数あるFX業者、結局どこの会社が一番いいの!? ...

続きを見る

 

レバレッジは得られる利益・損失にもかかる

レバレッジの理解として、欠かしてはいけない大事なことです。

レバレッジをかけると、得られる利益も損失にもレバレッジがかかります

つまり、888倍のレバレッジをかけると、利益も損失も888倍です。

実際にレバレッジの違いで損益がどの程度変化してくるのでしょうか。

 

ハイレバレッジ損益シュミレーション

1000通貨をロング(買建て)を想定してシュミレーションしてみましょう。

前提条件として、1ドル100円、スワップポイントは無視で計算してみましょう。

 

損益シュミレーション:レバレッジ1倍の場合

1000米ドル×100円÷1倍=100,000円の証拠金が必要

プラス1円の101円で売り決済をすると、

1,000米ドル×1円=1,000円の利益。

証拠金100,000円に対して0.1%の利益。

 

損益シュミレーション:レバレッジ10倍の場合

1000米ドル×100円÷10倍=10,000円の証拠金が必要

プラス1円の101円で売り決済をすると、

1,000米ドル×1円=1,000円の利益。

証拠金10,000円に対して1%の利益。

 

ハイレバレッジが強みとなる理由

レバレッジをかけると、同じ建玉をするにも低資金で運用ができます。

レバレッジをかけると損益率はレバレッジを高くするほど高くなっていきます。

こう聞くとレバレッジが888倍までかけられることは、強みであるのか疑問に感じる人も少なくないはずです。

しかし、FXで高レバレッジが強みとなる理由があります。

商品によってのボラティリティ(価格変動率)の差があることが関係しています。

 

商品によるボラティリティの違い

FXのなかでも特に、流動性の高い通貨ペアにおいては、価格が安定しているのでボラティリティ(価格変動率)が低いという特徴があります。

流動性の高いUSDJPY(ドル円)の1日の平均ボラティリティをチャートから確認してみましょう。

 

上のチャートはUSDJPY日足です。

約1円ごとに白い水平ラインを引いています。

1本のローソク足で2本以上跨いでいる日はほとんどないのがお分かりいただけると思います。

つまり、USDJPYの1日の平均ボラティリティは1円以下

1日に1円変動した日はボラティリティ(価格変動率)が高いといえます。

一方国内個別株の場合は、銘柄にもよりますが、1日で10、20円はもちろん100円以上値動きするものがたくさんあります。

安定した通貨ペアのボラティリティの低さがよくわかります。

 

低ボラティリティ商品でハイレバレッジをかける意義

FXなどの商品は、値幅で利益を得るものです。

ボラティリティ(価格変動率)が低い商品で利益を伸ばすためには、方法は2種類しかありません。

  1. 大量の資金で1回の取引通貨量を増やす
  2. 限られた資金にレバレッジをかけて利益を伸ばす

 

レバレッジをかけると損益率はレバレッジを高くするほど高くなっていくため、レバレッジをかけての取引はリスクを伴います

これは事実です。

時間軸を伸ばしたスイングトレードでハイレバレッジをかけるとリスクが増加し、急な暴落時などはとても危険です。

しかし、トレード中に注視すべき材料(経済発表が間もなく控えているなど)がない状況下かつ、時間軸の短いトレードをするときにハイレバレッジを使用するとどうでしょうか。

XMでは、ゼロカットシステムが導入されているため、リスクは自分の証拠金全額です。

それを背にリターンを見積もって限られたリスクでトレードを行うことができることになります。

高レバレッジは無条件で安全安心のメリットではないが、使い方の条件・リスクを見積もって正しく使えばメリットとなり得ます。

 

こちらもCHECK

FXを始めるなら海外FXのXMTradingがおすすめ

株の取引き経験はあるけど、違う商品ははじめて。 株もやったことないけど資産運用に興味があるのでFXをはじめよう。 数あるFX業者、結局どこの会社が一番いいの!? ...

続きを見る

通貨の特徴

2022/5/30

【FX初心者向け】 カナダドルいつ上がる?

カナダの自国通貨であるカナダドル(CAD)は、地理的および経済的な関係から、米国との結びつきが深く、為替チャートにおいても、米ドル(USD)と似たような動きとなることが多く確認されています。 FXでは、CAD/JPY(カナダドル/円)の他に、USD/CAD(米ドル/カナダドル)やAUD/ CAD (豪ドル/カナダドル)などの通貨ペアがあります。 ※ほとんどの通貨ペアで米ドル(USD)と似たような動きとなるため、USD/CAD(米ドル/カナダドル)を確認することで、両者それぞれの通貨強弱を見ることができます ...

ReadMore

FXの基礎知識UP

2022/4/28

【有事の金】ゴールドの特徴をFXトレーダー向けに解説!

「ゴールドの特徴を理解すれば、為替相場でのパフォーマンスを高められます。」 実際、ゴールドの値動きは為替相場にも影響があるため、トレーダーであるならばゴールドの基礎知識は抑えておくべきでしょう。 とはいえ、 「ゴールドって何となく聞いたことがあるけど、どんな金融商品なのかイマイチわからない.....」 「ゴールドの特徴を簡単に教えてほしい。」 という具合に、ゴールドについての理解度に不安を持ってはいませんか。 今回は、ゴールドの特徴や為替相場との関係を基礎から解説しました。 Contents1 そもそもゴ ...

ReadMore

通貨の特徴

2022/4/10

【FX初心者向け】ニュージーランドドルの特徴

  為替相場におけるニュージーランドドルの位置づけを知るために、まずニュージーランド経済の概要から順番に見ていきましょう。 Contents1 ニュージーランド経済の概要2 ニュージーランドの金融政策3 ニュージーランドドルの特性4 ニュージーランドドルが上がる要因5 ニュージーランドドルが下がる要因6 ニュージーランドドルと豪ドルの関係性7 ニュージーランドの重要経済指標8 ニュージーランドドルのまとめ ニュージーランド経済の概要 ニュージーランドのGDPは2125億米ドル(2020年)で世界 ...

ReadMore

スイスフラン通貨の特徴

通貨の特徴

2022/5/1

【FX初心者向け】スイスフランの特徴

スイスの自国通貨であるスイスフランは、為替市場における全体の流通量の5%を占めていると言われいます。 決して規模は小さくなく、世界的にも信頼性の高い国際通貨です。 FXでは、CHF/JPY(スイスフラン/円)の他に、USD/CHF(米ドル/スイスフラン)やGBP/ CHF (ポンド/スイスフラン)など多くの通貨ペアがあります。 ※ちなみに、CHFとは「Confoederatio Helvetica franc」の略称で、日本語では「スイス連邦共和国フラン」と呼びます。 今回は、スイスフランについて解説しま ...

ReadMore

FXの基礎知識UP

2022/3/29

【原油ってどんな商品】FXトレーダーに必要な基礎知識

「為替と原油価格には相関がある」ということを聞いたことはありませんか? 原油の値動きはすべての通貨に影響を及ぼすため、価格の推移に注目しておく必要があります。 今回の記事ではFXでの為替と原油価格の関係について解説します。 ぜひ最後まで読んでみてくださいね。 原油の基礎知識を深める 原油とFXの関係を理解するために、まずは原油とは何かについて以下の視点から解説します。 原油とは 原油の特徴 原油の消費量の多い国 原油の生産量の多い国 原油市場3つについて 原油は生活とは切り離せない大事な資源の一つで、世界 ...

ReadMore

おすすめ記事一覧

株とFXの違い 1

チャート株式とFXは、これからトレーダーで資産形成していきたいという個人投資家の中でも最もポピュラーな方法ですが、両者には明確な違いが存在します。 それぞれの商 ...

2

「海外FX業者はたくさんあるけれど、何が違うの?」 「海外FX業者を使ってみたいけれど、どうやって決めればいいの?」 という疑問を持ってはいませんか? 海外FX ...

3

株の取引き経験はあるけど、違う商品ははじめて。 株もやったことないけど資産運用に興味があるのでFXをはじめよう。 数あるFX業者、結局どこの会社が一番いいの!? ...

4

酒田五法とは罫線分析の基本としても知られている日本古来の分析方法でも最も古しても知られています。 江戸時代の相場師「本間宗久」によって酒田五法の原型がつくられた ...

XM口座開設 5

FXを始めるにあたって、海外FXのXMTradingを選んだ方必見です。 図解を交えながら解説しますので、当手順書を読みながら進めるとスムーズに口座開設できます ...

6

トレーダーにも人気のあるオシレーター系インジケーターのひとつ「ボリンジャーバンド」。 インジケーターを使うときは、中身を理解した上で使用することが重要です。 ま ...

7

将来の貯金が不安でFXを始めたい、そんな想いを抱いている人は多いはずです。 投資・投機をするには軍資金が必要だけど、現状の金銭面に余裕がない私にはFXすら始めら ...

8

FXトレーダーにも人気の高い「MACD」。 MACDの概念を知らずに使用するのは危険です。 本記事では、MACDの基礎を勉強していきましょう。 Contents ...

9

投資・投機をするための商品はたくさんあります。 FXもその一つですが、怪しい・怖いというマイナスイメージが多いのも事実です。 ではFXとはどのような商品なのか、 ...

-FXの基礎知識UP

© 2022 FX勉強ドットコム Powered by AFFINGER5